へーつぁんの自由研究日記

うだつのあがらない法曹の日常

TOEIC975点(リス二ング490)のリスニング力

TOEICが出来ても英語ができるとは限らないとはよく聞く。 実際そうである。TOEIC満点とかは、本当に通過点に過ぎない。 このことをまざまざと突きつけられたのは、この前テレビでみたスポンジボブ。試しに副音声にして聞いてみたところ、マジで言ってるかわ…

訴因変更の可否について自分が理解するところを分かりやすく

【設例】 検察官は,被告人を,「被告人は,平成29年1月1日,〇公園において,被害者が遺失したキャッシュカードを横領した。」との遺失物横領罪で起訴した。これに対して,弁護人は,被告人は,交番に届けるつもりで拾得したもので,横領行為がないと主…

飲み会

今日は同期の弁護士と飲み会。久しぶりに会った連中で,みんなあまり変わらないなぁという印象。さすがに守秘義務があるのか,担当事件の内容は全然聞けず。もっとざっくばらんに話を聞けるものと期待していたが,そうでもないらしい。 ということで,昔の話…

1月4日読売新聞

新聞を読むことはいい。色々な情報を与え、考える機会を持たせてくれる。 今年、箱根駅伝を制した青山学院の吉永主将の記事の中で、「全ての面で選手の模範となる」と決意し、行動してきたという。自分も、上に立つものとして、職員の模範になるように行動し…

new year’s resolution

新年の抱負は、英語でnew year’s resolution という(たしか)。一年の始めに、改めて自分が何をしたいのかを意識することによって、充実した日々を過ごすための第一歩とすることは、どこの国でも同じなんだろうか。 さて、常々自分が何をしたいのかわからない…

受精卵無断使用訴訟に対する意見

mainichi.jp 男性側が控訴しましたね。個人的な感覚としては,男性は敗訴するだろうなぁと思います。婚姻中に懐胎した子で,血縁関係までもある以上,受精卵が無断で使用されたとしても,法律上は,親子関係があるとして扱うのは,当然ではないかと思うので…

学者と実務家の違い

論文を読んでいると、学者と実務家の文章は、読んでいてすぐにわかる。実務家の書く文章は、実務上発生する論点についての具体的解決に必要だから議論すると言う目的がはっきりしていることが多いし、読み手にその情報を使ってもらおうとしているからか、正…

強制わいせつ罪における性的意図の要否

最高裁平成29年11月29日大法廷判決は、強制わいせつ罪が成立するにあたり、性的意図が必要であるとする最高裁昭和45年1月29日判決を変更し、同罪の成立のためには性的意図は不要であるとした。 ただし、この判例を、「最高裁は、性的意図が必要であるとする…

成長をすることの大変さ

ここのところ、家に帰ったらスプラトゥーン2をするのが日課になっている。動画とかを見ていると、Sプラスが当たり前のような雰囲気だけど、実際やってみると、Aに行くのもだいぶ大変。Sプラスなるには数百時間必要なんだろう、おそらく。 情報伝達手段の発…

何事も後回し

年賀状とかクリスマスカードとか書かないとダメなのに全然筆が進まない。昔から、社交辞令がすごく苦手で、後回しにして、結局出さないという失敗を何度か繰り返してきた。 後回しを防止する方法としては、小さな目標を立てて少しずつやって行くってのがある…

被相続人に家をタダで貸した場合,寄与分が認められるのか

1 はじめに 遺産分割の事件では,寄与分が主張されることとがままある。一般に,寄与分には,①家業従事型,②金銭等出資型,③扶養型,④療養看護型,⑤財産管理型があるとされる。 この記事では,そのうち,「兄が,身寄りのない弟(借家住まい)のために特別…

未分割遺産がある場合の遺留分減殺請求訴訟の手続

遺留分減殺請求訴訟を提起するとき、未分割の遺産がある場合がある。 漠然と、その場合には、未分割の遺産を法定相続分に従って取得したものとみなして、遺留分侵害額の計算に組み込むのかな、と思っていた。 ところが、この度、長秀之判事が執筆された判タ1…

アメリカのホームレスは主張が強かった

アメリカ人は自分の考え,気持ちを表すのが好き(というか習慣)なように思う。 それはホームレスも例外ではなかった。 ある日,ニューヨークの地下鉄で切符を買おうとしていたら,後ろから急に黒人に話しかけられた。切符の買い方に別に困っていたわけでは…

誰とでも15分以上会話が途切れない話し方

英会話カフェで全然話がうまく展開できなかったから購入したのが,「誰とでも15分以上会話が途切れない話し方」。この手の本は,眉唾もので,とりあえず何か少しでも役に立てばいいや,と思い購入した。つまり,全然期待していなかった。 ところが,読んで…

着衣の上からおしりを触った場合,強制わいせつか,条例違反か

わいせつの定義は,一般に,「徒に性欲を興奮または刺激せしめ,且つ,普通人の正常な性的羞恥心を害し,善良な性的道徳観念に反する」行為をいうものとされている。 この度,強制わいせつに主観的な意図が必要かという点についての判例変更があったことは有…

日々の経験の蓄積

先日,ジュンク堂で「裁判官,当職はそこが知りたかったのです」とかいう本を立ち読みした。少し興味があったので。内容は,裁判官と弁護士の対談みたいなところで,普段触れることができない裁判所の事情を岡口さんがコメントするという感じ。読んだ印象で…

質問事項を作る

仕事上、関係者に対して質問を直接投げかけることが多い。しかもそれは、失敗の許されない一発勝負だから参ったものだ。 そこで、質問事項を作るときの注意点をば。 答えが予想できる事項については、まず答えから書き、それからその答えを考えること。うま…

英語を勉強することの副次的効果

英語を勉強していて特に感じるのは,英語を勉強していると,自分の意見を言わなければならないことが本当に多いこと。TOEFLとかもそうだけど,自分の意見を述べることが積極的に求められる。アメリカ人と話していても,自分の感情や考えを聞かれることがとて…

議論をすること

仕事上,議論をすることは避けられないし,避けるつもりもない。ところで,最近は,民事訴訟では口頭主義の形骸化が唱えられているらしい。実質的な争点整理がなされていない,ともいう。 さもありなん,というのが率直な感想かな。大きな問題としては,争点…

覚せい剤の自己使用事案における故意の認定

覚せい剤の自己使用罪において,「自分が知らないうちに覚せい剤が体内に入った」という弁解を度々聞く。こうした弁解に対して裁判所が良く使うフレーズが「覚せい剤は厳しく取り締まられている禁制品であり,通常の社会生活において偶然に体内に摂取される…

リモートアクセスによる捜索差押

研修832号の記事の感想。 事案は次のような感じ。 リモートアクセスの許可がある捜索差押上により,被疑者方からパソコンが押収された。その際,パスワードが分からず,リモートアクセスはされなかった。捜査機関は,その後,パスワードを解析し,「検証…

だらしがない

アメリカで生活していた時には,仕事の余裕が結構あった。そのため,自分の人生において何をしたいかなぁ~なんてよく考えていた。今,通勤時間が結構長く,改めて,自分は人生において何をしたいのだろうかと考えることがよくある。 最低限,仕事面では充実…

英語を使って何をするか

さて,帰国から既に半年がたち,英語の力もだいぶ衰えているところではある。 仕事では英語をまったく使わないので,今後,自分の英語力をどうするのか,決めておかなければならない。 考えているのは次の2つ。 1 知り合いを作るツール(ワンコイン英会話…

帰国した後受けたTOEICで975点

7月に帰国しました。 帰国後に記念受験したTOEIC,とりあえず,宣言通り,直前に公式問題集2回分解いたくらいでぶっつけ本番受験(第225回)。 帰国前は何となくでしかわからなかったリスニングや,時間が足りなかったリーディング。 やっぱり1年間そ…

身柄拘束制度,保釈制度についての現状~分からないことだらけ

最近,インターネットでよく調べ物をする。最近調べようと思ったのは,アメリカにおける保釈制度の在り方だ。英語サイトを読んでいると,どうやら1984年の保釈金制度改革が重要らしい。英語で調査をすると,いくらでも資料が出てくるのに,日本語で調査…

迷走中

留学生活も残すところ4か月だが,それまでに自分は何を成し遂げたいだろうか。頭のなかがぐちゃぐちゃになってきたので,やりたいことを整理せねば。 1 現状のスケジュール (1) 平日 昼間は研修とリサーチでほぼ潰れる。夜にプライベートの時間を3時間…

「子供の貧困」問題に対する意見

年末にかけて,「子供の貧困」という問題をよく目にします。そこで,ごく簡単に自分の意見をごく簡単に述べたいと思います。 第1 要約 1 「子供の貧困」は重大な問題である 2 貧困レベルの子供の多くは,ひとり親である 3 ひとり親が貧困レベルである要…

留学によって「視野が広がる」ということ

ある選挙の風景 選挙が始まると,一通の投票権を受け取る。 そして,住所の近くの投票所へ行って,衆議院選挙であれば小選挙区に候補者の名前を鉛筆で書き,比例区に政党の名前を鉛筆で書く。 書いた用紙は投票箱へ入れられ,それを投票所の作業員が手作業で…